店長日記

こんにちは!店長の岸です。
店長日記はこちらから

お買い物ガイド

トップページ
特定商取引法について
ご利用案内
プライバシーポリシー

送料のほかに
燃料サーチャージ代が
掛かります。
下記でご確認下さい。

HOME»  旬の果物(珍果)»  信州産 朝鮮人参(高麗人参) 1パック

信州産 朝鮮人参(高麗人参) 1パック


 

販売期間も短いので
お早めにご注文下さい!!


※店頭でも販売をしてますので、もし無くなった場合はご了承下さいませ。

  • 内容:1パック平均120g~130g前後

    ー説明ー
    雄大な信州の地で育つ人蔘は、「信州人蔘」と呼ばれており、古くから漢方生薬として滋養強壮・健胃・鎮痛効果などの薬効が知られ、今日まで多くの人の健康を守ってきました。
    漢法医学では、人蔘は陰陽エネルギーのうちの陽のエネルギーに働きかけると考えられています。

    収穫までに5年から6年種をまくのは、畑の様子をみて秋の10~11月ごろにおこないます。
    その後、2年目(!)で、人蔘が小指ほどの太さに育ったところで、一度すべてを掘り起こします。
    その中の優れたものを約1割ほど選び、これをもう一度植えなおすのです。
    そして、栽培をはじめてからようやく5、6年目、ようやく十分な大きさになったところで、はじめて収穫となります。

    いかがですか!?
     

       
  • ★★★朝鮮人参の歴史★★★
    中国最古の本草書として名高い「神農本草経」によると、朝鮮人参の効果は、「五臓を補い、精神を安じ、魂魄を定め、驚悸を止め、邪気を除き、目を明らかにし、心を開き、智を益し、久しく服すれば身を軽くし年延」 と、あります。
    つまり、 「滋養強壮、精神安定、精神賦活、老化防止、生命延長」 に効果ありとの旨が書いてあります。
    この本は2千年以上前の本ですから、朝鮮人参の歴史の程がうかがえます。
    ★★★朝鮮人参の日本渡来は奈良時代★★★
    朝鮮人参の日本への渡来は天平十一年(七三九年)に渤海国(中国東北地区にあった国)の使者により献じられたとの記録があります。
    また正倉院の御物の朝鮮人参は、天平勝宝年間に唐僧鑑真がもたらしたものとも伝えられています。
    ただし、高価な薬用人参は、地位の高い人の特権であったようで、一般に利用されるようになったのは、18世紀以降の徳川幕府が薬用人参の栽培を奨励し、成功してからのことのようです。
    当時の朝鮮人参は世にも贅沢な万病の薬という事だったのでしょう。